研修番号 208
領域 2ジェネラリスト研修
1)臨床・地域の課題解決を目的とした研修 (1)健やかに生まれ育つことへの支援
研修名 助産師支援研修「分娩時出血、産科DICへの対応 (常位胎盤早期剥離)」 <CLoCMiPレベルⅢ認証申請に活用可能な研修>
開催日 2021年11月10日
曜日
受付 開始~終了 受付12:45 13:30~16:30 
日数 1
時間 3
定員 30人
ラダー 助Ⅲ
対象 助産師および周産期に関わる看護職
実践能力
研修内容 ◆目的:分娩時出血の緊急対応について学び、適切な対処行動をとることができる。◆内容:講義・演習/分娩時の危機的出血の重要な因子や原因の理解、分娩時大出血の予防法、早期発見、迅速な対応の必要性、常位胎盤早期剥離の治療の理解、実技/シミュレーターを使用し、事例を用いた演習
講師名 菊地範彦(信州大学医学部附属病院)・アシスタント:中原紀代子(飯田市立病院)・由井千鶴(信州大学医学部附属病院)
受講料
会員/非会員
県受託事業のため無料/県受託事業のため無料
備考 修了証を発行いたします。開始時の確認テストを必ず受けて頂くため、開始10分前には受付を済ませてください。
申込期間 2021年09月01日~2021年09月21日
申込用紙 様式ダウンロード様式ダウンロード

Word版の様式についてはこちらのページからダウンロードしてください。